男32歳の婚カツ日記

しがない世間知らずの男32歳婚活に挑みますが、
その体験談などを綴ります。
似たような境遇の人など、ご参考にしていただければと思います。

久しぶりに

どうも。お久しぶりです。
久々にブログを更新してみたTKです。


ブログの更新が滞った訳として、最後に記事を載せて間もなく
PCが壊れてURLが分からなくなったことと、式場選びその他諸々で
超絶忙しかったためブログが忘却の彼方となってしまった・・・ということです。


あの後ですが、Yさんとは2016年10月下旬に籍を入れ、
2016年11月下旬に無事挙式をしました。
何とプロポーズしてから実に5ヶ月間で結婚式まで挙げてしまう・・・という
息つく間もなく過ごしていたという感じです。
そして新居に越して2年、平穏に(?)日々過ごしているという近況です。


少し時間も空きましたし、
自分が婚活に勤しんでいた日々を冷静になって振り返ることができそうなため
今後ボチボチ、婚活を始めて結婚にたどり着いたことの振り返りと
自分なりに婚活とは何か?といったところを今後は無理せずボチボチ書いていこうかな?と思います。





式場見学(その2)

前週に引き続いて、2週連続で式場見学です。
今回は横浜近辺の会場を2件(午前と夕方)で梯子のような形で見学とすることに。
1日丸つぶれな感じですなw


Yさんとは朝の9時に1件目の会場の最寄り駅で待ち合わせ。
朝やはり早いですな・・・。
ここから送迎バスで向かうことにする。


1件目の会場は専門式場?のような感じのところ。
少し早く着いてしまったので会場の中をウロつくことに。
30分ほどして係員の案内で会場見学を開始。


ここはモダンな建物で、ゲスト受けはもの凄くよさげな雰囲気。
Yさんは現時点でやはり和風の式を挙げたいとのリクエストだけど、
チャペル、神殿両方あってどちらでも対応が可能とのことでした。


昼食はこの見学プランに付いている披露宴のコース料理が出てくることに。
このプランは結婚相談所経由で予約したのですが、
コース料理とワインが付いてきて、全部タダで堪能できるとは・・・。


料理長のウンチクを聞きながら食することにするw


食事後、担当者と見積もりの件について会話。
ここも結婚相談所の紹介による特典が付くとのことで、


それなりに割引はされるのですが、結果、予算よりちょっとオーバーするような感じでした。
また、直近で予約ができそうな日取りは?と聞いたところ、
12月、来年の1月、2月にチラホラ会場が空いているとのこと。
12月24日の夕方など会場も空いていましたが、さすがにこんな時期に開催したら
親戚・友人連中から総スカン食らうだろうなw


ここは見積書をもらってここは退散することに。


送迎バスに乗って最寄り駅に移動。
この後は電車に乗って2件目の会場に向かうことに。
時計見たら既に昼を回っていました。あっと言う間だな・・・。


2件目は某ホテルへ。
いわゆるホテルウェディングって奴ですな。
このホテルは、Yさんとのお見合いの会場となった思い出のある会場ですw
お見合いから5ヶ月後、このホテルに結婚式会場の検討として
またここに来るとは思いもしなかったなぁ。
本当に人生って何があるか分からないですね。


ここはホテルウェディングの営業担当の方に会場の様子などを紹介していただくことに。
今まで全然知らなったのですが、1件目の会場と同じく、
チャペルの他に神殿が用意されていてここも和洋どちらでも対応可能とのことです。


会場の見学の次は、ドレスなどが置いてある衣装コーナーへ移動。
そこで営業担当の方がYさんに「是非ウェディングドレス」を試着してみては?
と勧めてくれました。
ここは想定外でどうするかYさんと相談したのですが、
せっかくだから、ということで気に入りそうなドレスの試着をすることに。
こちらは試着するものも何もないので、着替えている間ひたすら待つことにします。


・・・10分後、ウェデングドレスを着たYさんが現れました。


俺「ステキすぎる!!」


やはりウェディングドレスを着る女性はステキですな、と思った瞬間でした。
営業担当にツーショットの写真など何枚か撮ってもらいました。


次にウェディングサロンに移動して見積もりとか取ってもらうことにする。
1件目の会場と、大局的に金額的に大差は無いものの
1件目の会場の見積書をちらつかせたところ、営業担当が努力しました!という体で
新婦の衣装代をかなりまけてくれましたw


そして、こちらでも会場を予約できそうな日取りのことを聞いたところ
営業担当からは思いもよらぬ返答が。


営業担当「ちょっと来年の春までいっぱいなのですが・・・1つだけ。
     今年の11月末にたった1コマだけ空きがあります。」
営業担当「今日中に会場予約を申し込んでいただかないと、
     明日のウェディングプランも満員となっておりまして
     会場押さえられてしまう可能性もありまして・・・。
     今日中になんとか予約してもらえないでしょうか・・・??」


これ、うまく言いおるなw
営業トーク半分入ってるだろw


どちらにせよ、この次の日も1件式場見学が入っていて
即決するにもちょっと無理があるので、Yさんと顔を一瞬見合わせた後、
会場押さえられてしまっても良いから返事を保留させてほしい、
とだけ伝えました。


これで2件目は退散。外はもうかなり暗くなってました。
結構歩いて疲れたので、本日はこれで解散。


前述の通り、この次の日も1件式場見学入れているのですが、
1日2件とか、連チャンとか正直無理がありますな・・・。
果たして会場選びはどうなっていくのか・・・。

式場見学(その1)

婚約指輪を購入したら、次は式場見学です。

※結婚指輪はまだだけど、急を用さないので後日に・・・としました。


事前に結婚相談所で紹介してもらったコンシェルジュによると、

式場の形態としては以下のものがあるとのことでした。


・ホテルウェディング

・ゲストハウス

・専門式場

・レストラン


Yさん共々、いろんな形態の場所に行ってじっくり決めたいと思っていたので、
東京・横浜近辺の式場をいくつかコンシェルジュにピックアップしてもらい、
見学に行ってみることにしました。

まずは、横浜みなとみらい某所のゲストハウスへ見学に行くことに。

この日はあいにくの無情の雨・・・。
ただ、雨ごときで式場に行きませんという訳にはいきませんw

今回行った式場は、赤レンガ倉庫やコスモワールドなどにも近いところ。
早速、会場の中に入ると「おめでとうございます!」という感じで
係員が出迎えてくれました。
建物の中に入ると、奥の応接室みたいな部屋に移動。

この式場は、アメリカンな雰囲気を全面に出しているところで、
造りが完全に洋風な建物になっている。
応接室では、飲み物を勧められてアンケート用紙に必要事項を書く。
氏名を書く欄に「新郎名前」「新婦名前」と書かれていて
いよいよ結婚するんだなぁ、と実感させてくれるw

そうこうしているうちに、プランナーと呼ばれる担当者が登場。
顔が芸能人のス○ンヌに激似でしたw

プランナーといろいろこちらの希望などの話をした後に、会場内の見学を開始。
披露宴・チャペルなど中を見学してみましたが、本当に今風というか
洋風な造りをしていて、これまでゲストとして行った会場には無かった雰囲気。
但し、我々の結婚式にゲストとして想定しているメンツが
親戚(60歳~70歳オーバーがほとんど)が大半を占めることもあり、
ちょっとカジュアルすぎる造りかなぁ・・・と感じました。

見学が終わった後は、披露宴で提供される試食が出されることに。
白身魚のムニエル?とスイカのアイスみたいなものが出されて
これをYさんとシェアして食べてみることに。
量としては想像していたより少ないですな。
ただ、これは年寄りにはボリュームとしては最適だとは思うけど。

最後に参考までに、今後の式場の空き状況をプランナーに聞いてみました。
すると「来年の7月まで予約でいっぱい」とのこと・・・。

うひゃー、人気会場は1年くらい待たないとダメだとか言う話はよく聞くけど
やっぱりその通りなのか・・・。
一応、Yさんとは遅くても来春くらいまでには挙式できれば・・・という話をしていて
これだと結構間延びしてしまいそうだな。

その後、プランナーといろいろ質疑応答をして会場を後にしました。

帰り道でYさんと話をした結果、やはり建物の造りがカジュアルだということと、
Yさんはどちらかと言えば、和装をして式をしたいという願望もあるようなので
希望にはそぐわないかな・・・ということでこの会場は検討から外すことにしました。

会場見学としては2時間くらいで終わるかな・・・と見込んでいましたが
なんだかんだで半日程度かかってしまいました。
あと3件ほど、式場の形態が違うところを周ってみるつもりですが、
以外と式場探しも骨が折れる作業だな、ということを痛感しているところです。