男32歳の婚カツ日記

しがない世間知らずの男32歳婚活に挑みますが、
その体験談などを綴ります。
似たような境遇の人など、ご参考にしていただければと思います。

Yさんとデート(3回目)

Yさんと3回目のデートに行くことに。

場所は前回のデートで江ノ島界隈が良い!という話だったので、

江ノ島水族館に行って、その後江ノ島を散歩することにした。


Yさんとは10時頃に片瀬江ノ島駅の改札で待ち合わせ、

徒歩で江ノ島水族館に行くことにする。


ここの水族館は、電車で30分くらいで行けるところに住んでいるにも関わらず

オレは行くのは初めてというw

でも、相模湾やその周辺に生息している魚を展示していて

なかなか見ごたえがある。


その後にYさんとイルカのショーを見に行くことに。

Yさんは今日もカメラを持ってきていて、ショーを一部始終撮っていたw

うーん、なかなか無邪気な一面があるのだな・・・。


一通り、水族館の館内は回ったので江ノ島に徒歩で行くことに。

ちょうど昼時なので、島に入ってすぐの飲食店で食事をすることに。


食事をしている最中・・・


Yさん「TKさんってあだ名は何で呼ばれてるんですか?」


ん?これはお付き合いも3回目なので、

そろそろ下の名前で呼び合うとかしたいのか?

でも、オレは汎用的な苗字と名前なので特にないんですよね・・・。


オレ「学生時代とか特にあだ名は無かったかな~」


・・・あちゃ~。これは全然気づかいが無かったですね。

どアホだな・・・。


食事した後は江ノ島神社に行ってお参りすることに。

Yさんは御朱印帳(神社のスタンプラリーのようなもの・・・?)収集も趣味のようで

ここでもなにやら神社のスタンプを貰っていた。

なるほど。文化財も趣味なんですな。


その後、江ノ島の灯台の裏手で海が見渡せる場所に行ってベンチで休憩。

いろいろ近況やら、お話をすることにする。


その後、島から出て江ノ電の江ノ島駅の方向に歩き

途中の喫茶店に入ってお茶をすることにした。

ふう、ずいぶんと歩いて足がクタクタだな・・・。

ここでも近況やら、いろいろ話をすることにする。


それにしてもYさん、正直言って傍から見たら美人だとかそんな風貌ではないんだけど、

笑顔が非常に素敵!

これ、100人に聞いたら全員素敵だって言うレベルと思いますw


そんなこんなで、江ノ島駅から江ノ電で藤沢駅に移動して解散することに。


オレ「やべえ。また次の約束の話ができてない・・・。」


たまらず、江ノ電からJRの改札に向かう途中に切り出しました。


オレ「次、また一緒にどっかお出掛けしますか?」

Yさん「良いですよ!是非とも!」

オレ「Yさんどっか行きたい場所あります?」

Yさん「そうですね・・・カップヌードルミュージアムに一度行ってみたいかなぁって。」


ほうほう、これまた面白い場所をチョイスするもんだなw

というワケで次回はみなとみらい周辺散策!がテーマになりそうです。


さらに改札で別れ際に一発ぶち込んでみましたw


オレ「もう会うの3回目ですし、次回からお互いタメ語でいきますか。歳も同じだし。」


Yさん、はっとした目でオレを見てきましたw

やはり、江ノ島での食事中にあだ名の話が出たのは、

直感の通り、明らかにこれを望んでいたんですね・・・。


Yさん「いいですよ!TKさんは何て呼べば良いですか?」


うーん、これは参ったw

取りあえず、下の名前の略称+ちゃんで呼んでもらうことにしました。


オレはYさんのことをYさんの下の名前+ちゃんで呼ぶことに決めました。


これで解散・・・。


このデートで明らかにYさんと距離感が縮まったことを実感しますw

この後、展開はどうなるのか・・・。