男32歳の婚カツ日記

しがない世間知らずの男32歳婚活に挑みますが、
その体験談などを綴ります。
似たような境遇の人など、ご参考にしていただければと思います。

8人目

一旦見合いを止めよう・・・と繰り返しボヤいていますが、

2週間ほど前(仮交際が成立したFさんと会う前かな?)に

こちらから申し込んだ女性から承諾が来たので、

8人目のお見合いに臨むことになりました。


今回の会場は・・・都内と反対方向の厚木市内の某所です。

しかも今回、相手は相談所の付き添いの方が初めだけ同席するとのこと。

これは初めてのケースですね。一体どうなることやら・・・。


見合いは17時から開始なので、身支度をゆっくり整えて本厚木へ。

本厚木は久々(5年ぶりくらい?)に来たが、

都心からかなり離れているにも関わらず、人が多いですね。

駅から徒歩7~8分くらい離れたホテルに向かい、

ホテルのフロントで待機することにした。

20分前に着いてしまったので、しばらく待つことにする。


見合い開始の10分前になったが、相手が現れる様子が無い。

あれ?本当に開催すんの・・・?


開始5分前くらいで帽子を被った初老の女性が近づいてくる。


初老の女性「失礼致しますが、KTさんですか?」

俺「はい、KTですが・・・。」


向こうの相談所の付き添い人が先に着いてしまった模様です。

お相手はなんと車で向かっているが遅れているとのこと。


えぇ~お見合いって公共交通機関を使えってルールじゃなかったんか?

しょうがないので、先にラウンジに着席して待機することにした。


開始10分後になって、ようやく今日のお相手Wさんが登場。

イントロの10分は向こうの相談所の方と雑談。

ほどなくして向こうの相談所の方は退席して2人きりになる。


このWさんは神奈川県西部に住んでいて、介護士の仕事をしているらしい。

お互いの仕事の状況や趣味など情報交換を進める。


・・・が、このWさん、俺と全然目を合わせて話をしてくれませんw

しかも頼んだ紅茶をひたすらひたすらガブガブ飲んでいるw


なんぞこれ・・・. ┐(ΘェΘ;)┌


この場はお茶だけ飲み来たワケじゃないんでしょ・・・・。

この様子を見ていたらドンドン気持ちが萎えてしまいました。


しかも間の悪いことに(?)このホテルのラウンジは

17時半閉店のようで、店員が片づけやら周りでガチャガチャ始めている。

Wさんもその様子を見て


Wさん「解散にしましょうか・・・」


俺「(ダメだこりゃ・・・)※いかりや長介風」


一応礼儀だと思うので、ホテルの外まで見送りさせていただこうとしたが、

Wさんから断られてしまったので、ラウンジの外でお別れすることに。

また、こちらの顔をチラリとも見ずにそそくさと行ってしまいました・・・。


一体、Wさんは何がしたかったのだろう。
帰りの電車では頭の中が「??????」でした。
(後の結果はご想像にお任せします。)

うーむ。世の中には良くわからん人がいるもんだな。
でもこれで現時点で(仮交際中を除く)お見合いの申し込み、申し込まれは
これで消化しきったので、仮交際の状況が不味くならない限り
一旦お見合いの開催を控えます。

思えば2月頭の入会から毎週お見合いに行って、よく消化できたもんだな。
ある意味自分を褒めてあげたいですw